沙織さんに心臓移植を 手術のため米国出発が決定しました

茨城県笠間市に在住の勝田沙織さんは、現在筑波大附属病院に入院し「拘束型心筋症」という50万人に一人といわれる難病と闘っています。これまで3度の重篤な心不全に陥りこのままでは命を保てない状況が続きました。心臓移植以外には治療方法がないといわれ現在にいたっております。幸い多くの方々のご協力によりこのたびアメリカでの心臓移植手術が決定しました。まもなくアメリカへ向け沙織さんは出発する予定になっております。マルトでは沙織さんを救う会のご要望に微力ながらお手伝いをしたいということからマルト各店舗に募金箱を設置しお客様にお願いをしてまいりました。このたびようやくアメリカでの移植手術へ出発することを聞いて手術の無事成功と元気な帰国をこころより願います。

沙織さんを救う会の活動はこちらをごらんください