2018年度第8回 海外ホームスティプログラム壮行会が開かれました

東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト、Support Our Kids×三菱食品×マルト海外ホームスティプログラムが第8回目をむかえます。参加のご父兄、子どもさんと共に壮行会が開かれました。2018年7月15日(日)正午よりいわき市「やまたまや」にて開催されました。

本年もいわき市内高校生計5名が選抜されカナダ、オーストラリアおよびアイルランドにそれぞれホームスティを体験します。期間は約2週間で専門のスタッフが同行し現地でのサポートに当たります。壮行会は弊社社長安島浩よりあいさつがあり海外でのホームスティは貴重な経験であり海外での経験を将来にぜひ生かしてこのいわきを元気にする人材となってくださいとの励ましの言葉がありました。次に毎回ご協力いただいている三菱食品株式会社様よりごあいさつをいただきました。NPO法人次代の創造工房事務局高澤さまより準備の注意、海外での催し予定さらに帰国後の活動など伝えていただきました。

海外へホームスティされる5名のそれぞれの方々が現地で伝えたいことや将来の自分のことを英語でのスピーチを行いました。その後マルト安島専務より記念の本の贈呈と写真をお一人ずつに手渡しをしました。

選ばれた皆さんは震災の体験を海外に伝えるとともに貴重な経験を今後の人生にぜひ生かしていただきたいと思います。